読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめのホラー映画

 

第5位:サスペリア

 

f:id:haruru0317:20170208181804p:plain

 

f:id:haruru0317:20170208190821p:plain

 

f:id:haruru0317:20170208190845p:plain

 

見てください、このうるっっっっさい、どぎっっっっっっつい、主張の激しすぎる色彩のオンパレード!可愛らしい色使いにも関わらず、禍々しい絵画を見てる気分になりませんか?色が喧嘩しまくってます。

 

喧嘩といえば、昔、夜中にコンビニに行った時の事です。コンビニ前でつるんでたヤンキー5人組がバイクに乗って色とりどりのライトを放ちながらブォォォォンッッ!!と走り去るのを見た事があるんですよね。虹がみえてしばらく感動してました。視覚的インパクトは、サスペリアと良い勝負ですね。


 

この作品は1977年に、制作されたイタリアのホラー映画です。あらすじは言うだけ無駄だと思います。五感で感じて下さい!!

 

4位: エスター

 

f:id:haruru0317:20170208194947p:plain

 

この画像DVDのパッケージなんですけど、初めて見た時めちゃくちゃ怖かったんです......。いや、今でも怖いですわ。影のつき方がえげつないです。

 

ある家族は、3人目の子供を流産で失った悲しみから、エスターという9歳の少女を養子として引き受けます。エスターは絵が凄く得意で年齢の割に落ち着いているちょっと変わった女の子。しかし、すぐに家族に馴染みます。家族の中でも特に、耳が聞こえず手話を使う娘、マックスと仲良しになります。しかし、徐々に彼女の本性が明らかになって行くのです.....。

 

エスター怖すぎて泣きました私。貞子の恐ろしさを遥かに上回っています。三度の貞子よりエスターです。

 

エスターの本性がジワジワと見え隠れし始めた所から、彼女が何者なのか展開がまったく読めなくてグイッグイ話に引き込まれます。マックスちゃんがこの作品で重要人物ですね。マックスちゃん手話でしかコミュニケーションが取れないんですけど、のちにこの手話が大活躍します。

 

f:id:haruru0317:20170208201521p:plain

 

ドアップクスちゃん。困り顔。

 

 

f:id:haruru0317:20170208201603p:plain

 

照れックスちゃん。

 

マックスちゃんが可愛すぎて涙が止まりません。私と手話でお話シよウ

 

エスターの恐ろしさ、マックスちゃんの可愛さにとことん涙を流してください。あと、エスターって絵が凄く上手い子なんですけど、この絵が上手いっていう設定、クライマックスで素晴らしい演出に繋がってます。

 

 

3位:ローズマリーの赤ちゃん

f:id:haruru0317:20170208202832p:plain

 

この映画、いわくつきです。呪われた映画という呼び声も高いです。詳細は、知る覚悟のある者だけ調べてみて下さい...........!責任はとりません。フィクションの映画であるにも関わらず実世界でもこの影響力。それほどの渾身の魂がこめられてるって事ですね。アメリカの「死ぬまでに見るべきホラー映画20」に選ばれた傑作です。

 

ローズマリーとその夫は新しいアパートに引っ越してきます。隣に住む夫婦はとても世話焼きの良い人達でした。そんなある日、ローズマリーは妊娠します。隣人夫婦が薬をくれ、病院を紹介してくれるのですが、ローズマリーの体調は悪くなって行くばかりです。なんと、その隣人夫婦は悪魔崇拝者だったのです....。

 

ジワジワと精神的に追いつめられて行くローズマリーの演技が圧巻でした。子供を守るためにあんなに母って必死になれるんです。知りませんけど。

 

f:id:haruru0317:20170212152739j:plain

 

この表情です!たまりません。

 

私、ベリーショートが似合う女性がたまらなく好きです。

 

隣人夫婦は、最初良い人達なのかな?と思わせておいてから徐々に気味が悪くなっていきます。人の心理に焦点をあてた映画ですね。物語の最後も、色々な解釈が出来そうで、難解です。私もなんかよく分からないままふわっふわした感覚で映画終わりました。こんなにふわふわした感覚中々味わえないんで、ぜひ観てみましょう。みんなでふわふわしましょ。

 

疲れたので2位1位は次回紹介しますね。